スカイマークとメディコムの取り組み

メディコムジャパンとスカイマークがコラボレーション
ご搭乗のお客様に高機能コラボマスクを配布


スカイマーク株式会社(代表取締役社長執行役員 洞 駿)は、7月17日(金)よりA.R.メディコム・インク・アジア・リミテッド(メディコムジャパン:代表取締役社長 藤原 慎一)が提供する110万枚のマスクを、スカイマーク便にご搭乗のお客様にお配りします。お配りするマスクは、メディコムジャパンが製造する米国材料試験協会(ASTM F2100-11)基準に対応した、医療機関向けの高機能サージカルマスクです。
メディコムジャパンは、カナダのモントリオールに本社を置くAR メディコム・インクの日本法人です。主として医療機関向けのマスクやグローブ、ガーゼなどの感染予防品・ケア製品の製造販売を手がけています。感染予防先進国である北米の厳しい基準や最先端の技術を反映した、高い品質と洗練されたデザインが特長の製品は世界約100カ国に提供され、医療の現場で働く人々から高い信頼を得ています。
神戸に本社を置くメディコムジャパンは、感染予防用品などの製造・販売を通じて感染管理をリードし地域と社会に貢献することを基本方針として掲げています。一方、スカイマークは神戸空港を「西の拠点」と位置付けており、地元の企業との連携を大切にしてまいりました。
新型コロナウイルスの感染拡大防止に取り組む中、ご搭乗のお客様の不安を少しでも解消し安心して飛行機をご利用いただくために、この度のコラボレーションとなりました。
なお、本マスクは、スカイマークの地上旅客職員ならびに客室乗務員も着用いたします。

ページ上部へ戻る